choice

concepts for music.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
こんな使い方ができるドラムマシン
ここではあまり楽器の話はしないようにしてきたのですが、非常にインパクトを受けて頭から離れないページを発見したので紹介します。

私の部屋にもある楽器なのですが、
YAMAHA RY30 AWM2 Rhythm Synthesizer

ここで公開されている自分で作ったらしいデモサウンドがなかなかで、
こんな使い方があるとは思いませんでした。
> Bell
> Hipass Filter
などにいい音が入っています。

パーカッションの音程を極端に低く設定したりして、フィルタをうまく使うことでリズムトラックに十分使えそうです。

中古で購入したのは5,6年前でした。
発売当時にPeter Erskineのサウンドとパターンが入ったカードが発売されていたので、それもいつか手に入るかもしれないと思って本体を購入したのですが、もうWebで検索してもほとんど情報がありません。(カードの型名RSC3074はようやく確認。)
それでPeter Erskineはあきらめて、このマシンにしかできない使い方をやってみたいと思っていたところだったので、この情報はなかなかの収穫です。
| choice | tools. | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:38 | - | - |









http://choice.jugem.cc/trackback/11
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
音波シミュレーション入門―Visual Basicで物理がわかる
音波シミュレーション入門―Visual Basicで物理がわかる (JUGEMレビュー »)
吉沢 純夫
教科書などで説明されている計算式を高速でパソコンに実行してもらい、本当にスピーカから音が出てくるというのが面白かったです。
ドビュッシー:海
ドビュッシー:海 (JUGEMレビュー »)
ブーレーズ(ピエール), クリーヴランド管弦楽団, ドビュッシー
Head Hunters
Head Hunters (JUGEMレビュー »)
Herbie Hancock
1曲目のChameleonはこのサイトの「12小節の会」が目指すところの1つです。(ブレイクビーツやる人はみんながここ目指してるけど。)
この曲を聴きながら一心不乱に楽器を演奏して、自分が演奏した音だけを聴いてみると新曲のアイディアが浮かぶかも。

曲の後半は延々インプロヴィゼーションでかなり濃い目に感じるのですが、意外とイカス女性が「ジャケのセンスからして好み!」と言って気に入ってくれたりもします。

このページの先頭へ