choice

concepts for music.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
らしさとは
はじめまして
kontatsuです
みなさんの意見を聞きたいです

ここを見ている人はバンドやライブ経験が豊富だと思います
私はまだ数回しかライブをしたことがありません
現在モイスチャーズというバンドで
不定期に音楽活動をしています
いつもライブの度にばたばたしていますが
今年の年末あたりライブ予定となり
作曲活動に入りました

今まではロックギターデュオとして演奏してきたのですが
今回からパーカッション&ドラム担当者を加えることにしました
メンバーが1人(しかもドラム)増えたことによって
よりバンドらしい演奏が可能となった、やったー
と思ったその時です
「このまま演奏して客に受けるだろうか」と
不安がゆっくりと広がっていきました

これまではどんなにあがいてもデュオだったので
それ程曲を選ばなくとも
それらしい演奏になりましたが
今は下手をすると
とても普通のバンド(演奏の上手い)になってしまいます
僕らは大体既製の曲からコピーすることから始めるのですが
例えば、その変換作業を行うソフト自体が変更された感じです
まだ要領がつかめません

普通に演奏すること自体は悪くないのですが
今まで「下手だけど無理して2人でコピーする」過程を通して
何かが生み出されてきた気がします
そのような偶然とも言えるプロセスを使わずに
意識的に作曲しなければいけない、
かつ「モイスチャーズらしさ」を保たなければいけない
何がらしさなのか?
それがいまの悩みです

僕らの曲を聞いたことが無い人には分かりづらいですが
また投稿するのでよろしくです

| kontatsu | unions. | 11:19 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:19 | - | - |
今までのモイスチャーズを良く知る私としては、その悩みの意味が良く分かります。

横で見ている側としてもどうなるんだろーという心配はありますが、反面、期待がないわけではありません。もし、セッション中に「これは違う」と思ったら、過去のフィーリングに戻そうとあがくのではなく、自分から変わって行ってしまってはどうでしょうか。

ちなみにこれは今まで自分の中の暗黙のポリシーだったのですが、choiceは「未完成を鑑賞する」集いです。なので、いままでのモイスチャズの未完成音源や、最近のセッションの音などを載せてみてくれたら、と思います。

P.S.先日、マンガ隊のテッペイが夢に出てきました。夢の中とはいえ、数年ぶりに会ってなにを話していいか分からずという気分を感じました。
| JJS (choice) | 2004/09/27 3:02 PM |

2人の時と、メンバーが増えた後の、どちらをも聞いてみたいと思いました。
差異は楽しみに通じると思います。
| R.Shinoki | 2004/09/27 11:29 PM |

JJSさん、R.Shinokiさん
コメントありがとうございます

>JJSさん
音を載せる場合はJJSさんに渡せばよいですか?

>R.Shinokiさん
ちょっとお聞きかせするのが怖いですが感想を聴きたくもあります。音楽もさることながら、活動すること自体に興味を持っています。
| kontatsu | 2004/10/05 12:47 PM |

録音してあるならゼヒゼヒ聴かせてください。
私がプロバイダから借りている容量次第ですが、、、音をMP3かWMAでくれれば掲載します。
よろしくね。
| JJS (choice) | 2004/10/06 10:49 AM |










http://choice.jugem.cc/trackback/17
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
音波シミュレーション入門―Visual Basicで物理がわかる
音波シミュレーション入門―Visual Basicで物理がわかる (JUGEMレビュー »)
吉沢 純夫
教科書などで説明されている計算式を高速でパソコンに実行してもらい、本当にスピーカから音が出てくるというのが面白かったです。
ドビュッシー:海
ドビュッシー:海 (JUGEMレビュー »)
ブーレーズ(ピエール), クリーヴランド管弦楽団, ドビュッシー
Head Hunters
Head Hunters (JUGEMレビュー »)
Herbie Hancock
1曲目のChameleonはこのサイトの「12小節の会」が目指すところの1つです。(ブレイクビーツやる人はみんながここ目指してるけど。)
この曲を聴きながら一心不乱に楽器を演奏して、自分が演奏した音だけを聴いてみると新曲のアイディアが浮かぶかも。

曲の後半は延々インプロヴィゼーションでかなり濃い目に感じるのですが、意外とイカス女性が「ジャケのセンスからして好み!」と言って気に入ってくれたりもします。

このページの先頭へ