choice

concepts for music.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ループ演奏するおもちゃ
先日某国に旅行したときに泊めていただいたお宅で、お子様のおもちゃを見てびっくり仰天しました。

Music Blocks
ブロックを載せるとループが再生され、はずすと止まります。
5個のブロックを載せたりはずしたりすることで5トラックのループ演奏ができ、しかもブロックの面を変えるとループのパターンがchoiceできます。
音楽はカントリー調の曲でした。

それだけのおもちゃなんですが、まるでAkai MPCやAbleton Liveなどで5トラックのそれぞれに6個のループがあって同期しているような状態です。
それに、ブロックの6面を変えてループを切り替えるっていうのが未来っぽいなあ。と、かなりうらやましくなりました。

「これって、私が普段やってる音楽作りとそっくりだなあ。」とお母さんに言ったら、お母さんが私の曲が入ったCDをお嬢さんに聴かせてくれました。
お嬢さん(2歳)は「クーーール」と言ってくれました。
ありがとう。この層に曲を気に入ってもらえれば、私も将来的に有望かも。

これよりもっと単純なおもちゃもありまして、
Sing With Me Mozart Magic Cube
こちらはブロックの6面に楽器が割り当てられていて、音を出したい楽器をchoiceすると言うもの。

紹介した2つとも、ボタンを押すとサンプルがスタートするのではなく、同期している複数のサンプルをミュートするって言うところがブレイクビーツっぽいし、ミキサーが大人にとってもおもちゃになるということを改めて考えて、非常に納得させられました。
| choice | tools. | 07:46 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 07:46 | - | - |
これは欲しいです。最近娘(1歳9ヶ月)が歌うようになりました。
| R.Shinoki | 2004/11/25 11:48 PM |










http://choice.jugem.cc/trackback/34
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
音波シミュレーション入門―Visual Basicで物理がわかる
音波シミュレーション入門―Visual Basicで物理がわかる (JUGEMレビュー »)
吉沢 純夫
教科書などで説明されている計算式を高速でパソコンに実行してもらい、本当にスピーカから音が出てくるというのが面白かったです。
ドビュッシー:海
ドビュッシー:海 (JUGEMレビュー »)
ブーレーズ(ピエール), クリーヴランド管弦楽団, ドビュッシー
Head Hunters
Head Hunters (JUGEMレビュー »)
Herbie Hancock
1曲目のChameleonはこのサイトの「12小節の会」が目指すところの1つです。(ブレイクビーツやる人はみんながここ目指してるけど。)
この曲を聴きながら一心不乱に楽器を演奏して、自分が演奏した音だけを聴いてみると新曲のアイディアが浮かぶかも。

曲の後半は延々インプロヴィゼーションでかなり濃い目に感じるのですが、意外とイカス女性が「ジャケのセンスからして好み!」と言って気に入ってくれたりもします。

このページの先頭へ